Seated Piriformis Stretch Testと
Active Piriformis Test の組み合わせ

Seated Piriformis Stretch TestActive Piriformis Testはどちらも、梨状筋症候群またはDeep Gluteal Syndromeの検査法です[Ref]。

これらは組み合わせることにより、検査の精度を高めることができると報告されています。

どちらか一方のテストが陽性で
感度
0.91(95%CI ; 0.73 - 0.98)
特異度
0.80(95%CI ; 0.49 - 0.94)
【陽性尤度比】
4.57 (1.31–15.87)
【陰性尤度比】
0.11 (0.03–0.42)

単語帳に戻る