肩甲上神経(Suprascapular nerve)

肩甲上神経はC5,C6神経根で構成されます。
C5,C6神経根は腕神経叢を構成します。
C5,C6の前枝が上神経幹(Superior trunk)を形成し、肩甲上神経を出します。

腕神経叢は胸郭の前方を降りて行きますが、肩甲上神経は後方に行きます。
そして、肩甲骨の肩甲切痕(SSN:suprascapular notch)と上肩甲横靭帯(STSL:superior transverse scapular ligament)で構成されるSuprascapular foramenを通過します。

Suprascapular foramenを通過した神経は棘上窩に入り棘上筋を支配する神経と、肩甲棘外側のSpinoglenoid notchを周って棘下窩へ向い、棘下筋を支配する神経を分枝します。

肩関節後面や肩鎖関節へも関節枝を出します。一部の人では皮枝を出すことがあります。

単語帳に戻る