胸鎖関節の基礎解剖学

白タム(学生)
よろしくお願いします。

胸鎖関節の靭帯

前胸鎖靭帯(Anterior sternoclavicular ligament)と後胸鎖靭帯(posterior sternoclavicular ligament)

タム
胸鎖靭帯は鎖骨胸骨端(sternal end)と胸骨柄(manubrium)の間にある靭帯です。
この靭帯は前後の関節包を強化し、鎖骨の変位を防ぎます。

鎖骨間靭帯(Interclavicular ligament)

タム
鎖骨間靭帯は両側の鎖骨の胸骨端を結合します。
この靭帯は関節包を上部を強化します。

肋鎖靭帯 (Costoclavicular ligament)

タム
肋鎖靭帯は第一肋骨と鎖骨を繋いでいます。
この靭帯は肩甲骨の挙上を制限します。

胸鎖関節の機能

タム
胸鎖関節は
・挙上と下制限
・前突と後退
・回旋
します。

サービス一覧

[ブログや動画の更新通知はこちらから受け取れます]

骨格筋痛をみる上で3DCGを用いながら基本的な情報と臨床に関連する研究をまとめています。

教科書上の2Dの理解ではなく、3Dの理解を深めるために、3DCGを用いてエクササイズや検査法、基礎解剖の動画を作成しています。
より詳しい臨床知識を得るためのサブスクリプションです。 1日66円で更新され続ける情報を見ることができます。

Twitterでフォローしよう