腹筋のトレーニングは随分と昔から人気のエクササイズで、多くの人はスペアタイヤ(中年太り)解消のためや、アスリートは強い体幹が重要と考えていることがその理由でした[Norris, Christopher.1993]

古典的な体幹部のトレーニングは純粋な"筋力の向上"が主な目的で、Sit upやTrunk curlなどが挙げられます。

しばしば混同されることがあるので説明しておくと、Sit upやTrunk curlはどちらも腹筋運動として認識されていますが、Sit upは読んで字の如く、仰臥位から座位になる動作を意味しており、「腰椎の屈曲を伴わずに股関節の屈曲を行うこと」です。

 

Trunk curlも読んで字の如く、体幹の屈曲を意味しており、この時、股関節の屈曲を伴わない動作です。

この続きはcodocで購読

サービス一覧

[ブログや動画の更新通知はこちらから受け取れます]

骨格筋痛をみる上で3DCGを用いながら基本的な情報と臨床に関連する研究をまとめています。

教科書上の2Dの理解ではなく、3Dの理解を深めるために、3DCGを用いてエクササイズや検査法、基礎解剖の動画を作成しています。
より詳しい臨床知識を得るためのサブスクリプションです。 1日66円で更新され続ける情報を見ることができます。

Twitterでフォローしよう