変位の種類

変位の種類は並進運動(Translatory motion)と回転運動(Rotary motion)の2つで表されます。
並進運動は、体節が一直線上を移動することです。
ヒトの動きの中で、純粋な並進運動が生じることは稀で、回転運動を伴わずに、体節の並進運動が起こることはほとんどありません
回転運動は回転中心(Center of rotation)の周りを体節が曲線的(Curvilinear)に移動することです。
真の回転運動は、並進が妨げられ固定された軸を中心に回転せざるを得ない場合にのみ起こるためヒトの動きではあまり起こりません。
そのためヒトの動きでは並進運動と回転運動は常に組み合わせとして生じています。