身体活動と腰痛のU字関係といくつかのパラドックス

 

コンテンツ情報
タイトル「身体活動と腰痛のU字関係といくつかのパラドックス」
拡張子:pdf
ページ数:10
文字数:7,848
概要:多くの慢性腰痛ガイドラインでは身体活動を維持することや過度に安静にしないことが推奨されています。また運動は治療として推奨されています。そのため運動を含む身体活動自体腰痛にとって有益に見えますが、一方で高い身体活動は腰痛の有病率増加に関連していることが報告されています。そのため身体活動のレベルと腰痛にはU字の関係があることが示唆されています。

この続きはcodocで購読
ブログの更新をLINEで受け取ることができます。 こちらをクリックしてLINEに参加して下さい!

Twitterでフォローしよう