ブログ

静的ストレッチは中枢神経系を阻害するかも知れない


静的ストレッチ(static stretch)はパフォーマンスや、筋力を低下させることはすでに分かっています。

このthe stretch-induced force lossは中枢神経系が関与している(reduced central drive)かもしれません。

静的ストレッチは対側の筋力も低下させる

静的ストレッチはストレッチした筋の筋力を低下させ、拮抗筋の筋力を上昇させますが、それだけではなく、対側のパフォーマンスや筋力を低下させます。

da Silva JJ,Behm DG,Gomes WA,et al. Unilateral plantar flexors static-stretching effects on ipsilateral and contralateral jump measures. J Sports Sci Med. 2015;14(2):315–321. Published 2015 May 8.

これは中枢神経系への悪影響を示唆します。

対側の能力低下は10分しか持ちません。

これは同側の筋力低下同様に短期的であり、ROMの変化同様に短期的です。

しかし長期的な研究がされていないだけで、ストレッチを長期的に行ったことによる悪影響は現在不明です。

ストレッチの中枢への影響がわかってきたのは2013年でまだまだ研究不足です。

Trajano GS,Seitz L,Nosaka K,Blazevich AJ. Contribution of central vs. peripheral factors to the force loss induced by passive stretch of the human plantar flexors. J Appl Physiol (1985). 2013;115(2):212–218. doi:10.1152/japplphysiol.00333.2013

-お知らせ-

当サイトでは疼痛治療をより良いものにアップデートするためのツールをいくつか提供しています。
  • 疼痛リテラシーアップデート
疼痛治療では「痛みとは何か」を理解する必要があります。 その理由は単純で疼痛治療の目的に「疼痛」が含まれるからです。 何をするか、どのようにするかは常に目的ではありません。 目的である疼痛が何かを理解しなければ治療は目的に向かうことが難しくなります。 もしかしたら、治療がうまくいかない時は目的を見失っているのかも知れません。 疼痛リテラシーアップデートは現在の疼痛科学に基づいた疼痛を解説します。
  • 疼痛科学に基づいた運動療法
疼痛科学に基づいた運動療法は、理論ではなく実技中心です。 従来の運動療法は機能やバイオメカニクスに基づいたものが多く、しかし統計的にみてそれらの運動療法は大きな成果を挙げられませんでした。 疼痛科学に基づいた運動療法は、科学に基づいた運動療法です。 機能やバイオメカニクスという狭い視点から脱却し、運動療法をより良いものに変えたい方にお勧めです。  
1980円 疼痛リテラシーアップデート
2980円 疼痛科学に基づいた運動療法
500円 科学的にみた姿勢と腰痛【2020】
RELATED POST