肩甲骨(Scapula)

肩甲骨は三角形をした骨で、およそ第2~7肋骨を覆っています。
肩甲骨は3つの辺(内側/外側/上縁)と3つの角(上角/下角/外側角)、2つの面(前面/後面)で構成されています。

後面は肩甲棘(scapular spine)によって棘上窩(supraspinous fossa)と棘下窩(Infraspinous fossa)に分かれます[ref]。

烏口突起基部の内側には肩甲切痕(Suprascapular notch)があり、肩甲骨上神経(Suprascapular nerve)が通過します。

肩甲骨は10~20°前傾しており、前額面より外側が30~40°前方を向いています。
肩甲骨が作り出す面をスキャプラブレーン(scapular plane)といいます。

肩甲骨は性差が大きいのが特徴的で、縦幅も横幅も男性のほうが大きいです[Ref][Ref]

肩甲骨に付着する筋

僧帽筋
肩甲下筋
肩甲挙筋
烏口腕筋
上腕二頭筋長頭と短頭
小胸筋
大菱形筋
前鋸筋
小菱形筋
上腕三頭筋長頭
棘上筋
大円筋
棘下筋
小円筋
三角筋
肩甲舌骨筋

単語帳に戻る