ブログ

医療従事者の親切心が患者を慢性不安障害にした事例


ここで話すことは稀なことではないと私は考えています。

患者は結果的に強い不安障害を発症しましたが、これは一般的な親切で人に寄り添えるような医療従事者が起こした問題です。

そして多くの医療従事者がこの問題に関与しています。

医療従事者が引き起こす悪い副産物の問題提起として、この症例を紹介します。

症例

70代女性。慢性的な背部痛持ち。

ある機会があり、この方と30分間話すことになりました。

この患者さんとの話を大まかに対話形式で載せます。

女性「私はマッサージを定期的に受けないと体がどうにかなっちゃいそうで、不安だから受け続けています。」

私「なぜ、マッサージを受け続けないと不安なのですか?」

女性「身体の痛みは何十年とかかえて来ました。仕事をしていたころは時間もなく、マッサージを受けることもできなかったので、自分でお灸をしていました。それも部屋中が煙でいっぱいになるくらいしていました。」

私「お灸すると楽になりました?」

女性「その時はよくわかりませんでした。ただ、自分でお灸ができない背中から腰にかけて今も症状が残っていることを考えると、お灸でケアできていなかったせいで症状が残っているのかと考えます。だから今もケアとしてマッサージしないといけないと思っています。」

私「マッサージを受けると楽になっていきますか?」

女性「受けた後は楽になりますが、治るわけではありません。ただマッサージを受けてないと不安なんです。私は今、整形外科にも通っているのですが、『少しでも痛くなったらすぐ来ないとだめだよ』って言われます。この先生とは長い付き合いで、私の背中が一番痛かったころからみてもらっているんです。」

私「なるほど。その整形外科では症状についてなんて説明を受けていますか?」

女性「筋肉が硬くなっていて痛みが出るからほぐしていかないとよくならないと言われています。美容院に行っても、とても硬いと言われます。歯医者にいったときも、筋肉がギチギチになっているから、僕でよかったらマッサージしますよと言われました」

私「歯医者さんが言ったんですか?」

女性「そうなんです。その歯医者さんも30年の付き合いがあって、時間がある時にマッサージしてくれるんです。今まで、マッサージしてくれた接骨院の先生も硬くなる前にマッサージしたほうが良いと親切に話を聞いてくれて通っているんです。」

私「そうなんですね。マッサージを受けるの止めることについてはどう思いますか?」

女性「不安です。身体がどんどん硬くなって悪くなるような気がします」

というような話をしました。

体の症状に対する、この女性の認識は「硬い=悪い」。だから症状がでる。マッサージは体を柔らかくしてくれるからマッサージをしないと不安というものでした。

信頼出来て親切な整形外科医や歯医者、美容師、接骨院の先生はマッサージを受けた方が良いと言っています。この女性は何年もそれを聞いてきました。

この女性はいままでかかわってきた先生にとても感謝していました。

ではこの不安感をつくったのは誰でしょうか?

硬いから身体が悪いという認識を植え付け、マッサージしないといけないと脅迫し、マッサージをやめることで体が硬くなる→症状が再発すると信じさせるようにさせた原因は誰でしょうか?

これらを植え付けたのは、上記の親切な先生たちです。

患者に傾聴共感でき、気をつかって患者の為につくしているように見える彼らです。

無知な彼らです。悪意のない彼らです。

 

この痛み業界において、無知な親切心や、無知な傾聴共感というのは害でしかありません。

いわば「患者が認識できないありがた迷惑」です。

彼女の認識を正しい方向に正すことはほとんど不可能に近いかもしれません。

なぜなら、信頼できる整形外科医、歯科医、接骨院の先生にそう説明されているからです。それも何年も付き合いのある先生です。

そして彼女はその説明に納得してしまっています。

患者の痛み教育が成功する条件に、患者が現在まで受けてきた痛みの説明に納得していないというものがあります。

彼女は納得してしまっています。

ここから得られる教訓は「無知は罪」ということです。

その先生がどれだけ良い先生かというのは関係ありません。むしろ良い先生だから患者を悪くしているのです。

マッサージが悪いのではありません。
マッサージが悪いのではなく、これらの先生が悪いのです。

患者にとって良い先生からの助言は大きな影響力を持ちます。

影響力は強大な武器です。時に患者を救い時に患者をどん底に落とします。

言葉の重要性をしらない強い影響力をもつ先生ほど厄介なものはありません。

-お知らせ-

当サイトでは疼痛治療をより良いものにアップデートするためのツールをいくつか提供しています。
  • 疼痛リテラシーアップデート
疼痛治療では「痛みとは何か」を理解する必要があります。 その理由は単純で疼痛治療の目的に「疼痛」が含まれるからです。 何をするか、どのようにするかは常に目的ではありません。 目的である疼痛が何かを理解しなければ治療は目的に向かうことが難しくなります。 もしかしたら、治療がうまくいかない時は目的を見失っているのかも知れません。 疼痛リテラシーアップデートは現在の疼痛科学に基づいた疼痛を解説します。
  • 疼痛科学に基づいた運動療法
疼痛科学に基づいた運動療法は、理論ではなく実技中心です。 従来の運動療法は機能やバイオメカニクスに基づいたものが多く、しかし統計的にみてそれらの運動療法は大きな成果を挙げられませんでした。 疼痛科学に基づいた運動療法は、科学に基づいた運動療法です。 機能やバイオメカニクスという狭い視点から脱却し、運動療法をより良いものに変えたい方にお勧めです。  
1980円 疼痛リテラシーアップデート
2980円 疼痛科学に基づいた運動療法
500円 科学的にみた姿勢と腰痛【2020】
RELATED POST