烏口肩峰靭帯の付着部・作用

烏口肩峰靭帯は、肩峰と烏口突起を繋ぎ、上腕骨頭の上に烏口肩峰アーチを形成します。
このアーチは、関節窩内で上腕骨頭が上方にずれるのを防止する働きをします。

<烏口肩峰靭帯の基礎データ>

名称 烏口肩峰靭帯(うこうけんぽうじんたい)
英語表記 Coracoacromial ligament
略称 CAL
近位付着部 肩甲骨の烏口突起
遠位付着部 肩甲骨の肩峰
作用 上腕骨頭上方変位の制動

<前方から見た烏口肩峰靭帯>

烏口肩峰靭帯の近位付着部

近位付着部 肩甲骨の烏口突起
烏口肩峰靭帯は「肩甲骨の烏口突起(Coracoid process)」に付着します。

烏口肩峰靭帯の遠位付着部

遠位付着部 肩甲骨の肩峰

烏口肩峰靭帯は「肩甲骨の肩峰(Acromion)」に付着します。

烏口肩峰靭帯の作用

作用 上腕骨頭上方変位の制動

烏口肩峰靭帯は「上腕骨頭における上方変位の制動」作用を有します。

今日のおすすめ記事

Twitterでフォローしよう