ここに表示されている記事は会員のみ閲覧できます。
過去の記事一覧はこちらこちらから

No.は掲載順です。

最近の更新記事
・No.35-38【痛み】「痛みについて考えるための症例集」(2024/02/23)
・No.35 【肩】「五十肩のためのホームエクササイズ」(2024/02/20)
・No.34【腰】「腰痛に対する牽引はどの程度用いられており、どのような患者に使用されるのか」(2024/02/10)
・No.31-33 【その他】「論文検索基礎の基礎「まずは慣れるところから」(再掲)」(2024/02/08)
・No.30 【腰】「腰痛の管理にガイドラインを用いるべきと考えているのは理学療法士は半数のみ」(2024/02/05)
・No.29 【痛み】「プラセボと同じだけノセボを知らなければならない(再掲)」(2024/02/02)
・No.28 【その他】「ガイドラインに対する認識の違いが遵守率を下げる」(2024/02/01)
・No.27 【その他】「革新を求めると似非医学が増える(再掲)」(2024/01/31)
・No.26 【その他】「怪我予防の負荷量は不明瞭(再掲)」(2024/01/31)
・No.25 【その他】「EAMC(運動誘発性筋痙)(再掲)」(2024/01/31)
・No.24 【痛み】「視覚と痛みの関係(再掲)」(2024/01/30)
・No.23 【その他】「価値が不明な治療の使用が年々増加している」(2024/01/26)
・No.22 【腰】「理学療法士の腰痛に対する介入の傾向」(2024/01/21)
・No. 21【腰】「子供の腰痛のリスク因子」(2024/01/16)
・No. 20【腰】「骨折のRed flagsのうち臨床的価値があるのは?」(2024/01/12)
・No.19 【腰】「ガイドライン間のRed flagsの違い」(2024/01/08)
近日公開予定の記事
・【その他】「非薬理学的保存療法のプラセボ効果量」(2月25日投稿予定)
※その他再掲する過去記事は随時追加していきます。