解剖学

中殿筋の起始停止、支配神経、作用を動画と画像で解説します【筋トレ・ストレッチ】


中殿筋(gluteus medius

起始

腸骨外面の前殿筋線と後殿筋線の間、腸骨稜外唇、殿筋膜

停止

大腿骨大転子

支配神経

上殿神経(L4-S1

作用

股関節の外転、内旋、外旋、屈曲、伸展

臨床メモ

股関節の内旋に作用するのは前部線維で、外旋に作用するのは後部繊維です。

股関節の屈曲に作用するのは前部線維で、伸展に作用するのは後部繊維です。

中殿筋は股関節運動の他、側方の動的安定化機構としても強く作用します。

しばしば大腿筋膜張筋が代償性に側方安定化に関与しすぎることがあります。

歩行においては片足立時に骨盤が倒れないように保持します。

中殿筋の筋トレ

側臥位でつま先を正面に向けたまま股関節を外転します。

この時つま先が上方を向くと大腿筋膜張筋が優位に働いてしまします。

骨盤は常に地面に垂直を維持します。

骨盤が前後に倒れると大殿筋や大腿筋膜張筋などの他の筋の関与が大きくなります。

中殿筋のストレッチ

仰臥位で股関節を屈曲し、内転します。

より前部線維に作用させる場合は軽度外旋し軽度伸展します。

より後部繊維に作用させる場合は軽度内旋し、軽度屈曲します。

腰椎は回旋しないように注意します。

RELATED POST