3ステップスタディ

Standard


ここでは骨格筋痛の治療を学ぶ上でスタンダードとなる知識をまとめています。

当ウェブサイトではコンテンツを「Basic」「Standard」「Advance」と3段階のレベルに分けています。

その中でスタンダードコースの内容は臨床で出る上で知っておきたい情報です。

ベーシックコースがまだの場合はベーシックコースから学ばれることをお勧めします。

批判的思考

自身のアプローチは常に批判し続けなければなりません。

構造主義から脱却せよ

姿勢・構造分析を批判する巷ではまだまだ姿勢矯正や骨格の歪みとかへのアプローチがやられています。姿勢以外にも構造に着目したアプローチは多いです。 痛みを取るため...

美容鍼

美容鍼の効果と副作用(リスク)を科学的根拠(エビデンス)に基づいて解説します【論文】美容鍼(FCA:facial cosmetic acupuncture)は顔のリフトアップやアンチエイジングなどの目的でしばしば用いられ...

姿勢分析

姿勢分析の必要性が現在疑われている理由【論文】これまで構造主義(痛みをみるうえで構造にばかり着目すること)に対して、批判的な記事を書いてきました。 ここでは姿勢と痛みについて批判的...
立位姿勢の変化【症例】これまで姿勢に関する記事を2つ書きました。 http://exe-box.com/pos/ http://exe-box.com...

体幹トレーニング神話

体幹トレーニングに大した効果はない(the myth of core stability)以前PSB modelと呼ばれる、姿勢や構造、バイオメカニクスに基づいた骨格筋痛に対するアプローチから脱却しようという記事を書きました。...

触診を見直す

僧帽筋は触診できるか?【触診を批判する】触診は臨床において必須のスキルです。 その前提を基に当記事をすすめていきます。 徒手療法を行っているのをみてその触診精度に疑問をもっ...

マッサージは本当に血流改善するのか?

マッサージによる血流循環改善を批判する恐らく多くのセラピストがマッサージによって血流が促進されると信じています。 臨床においては「代謝を良くする」と表現されることもあります...

トリガーポイントはエセ医学?

トリガーポイントはエセ医学?トリガーポイントは徒手療法の中でもかなりメジャーなものとなりましたが、批判的な意見をみかけることはほとんどありません。 肯定的な意見は...

サブラクセーションは存在しない

カイロプラクティックサブラクセーションを批判する数十年前のカイロプラクティックブームからみて現在カイロプラクティック院というのはどんどん減ってきています。 カイロプラクティック自体は...

経穴は存在するのか?

経穴は存在するのか?【構造体としての経穴】トリガーポイントとの関連は?鍼灸師が経穴をどういったものとして解釈しているかは意見が分かれると思います。 構造的なものなのか、現象的なものなのか、またはスピリチュ...

アイシング

アイシングの是非が問われるようになったきっかけアイシング(icing)が体にとって及ぼす影響についての記事は今更感があるが、先日衝撃を受ける現場に遭遇したので、一度記事として書こうと...

アナトミートレインはフィクション?

アナトミートレインはフィクションですか?トムの返答2016年6月にjurianによって「アナトミートレイン。真実かフィクションか」(原文:Anatomy Trains. Fact or ...

患者を不安障害に陥れる医療従事者

医療従事者の親切心が患者を慢性不安障害にした事例ここで話すことは稀なことではないと私は考えています。 患者は結果的に強い不安障害を発症しましたが、これは一般的な親切で人に寄り添え...

 

臨床

臨床で見かける病態についてまとめます。

膝のノイズ

膝のクリック音などのノイズの種類【パキパキ?】膝のクリック音については一度見直しておく必要があるだろう。 実際患者さんから膝のクリックについて聞かれることは多い。 まずは不安を取...

痛み

ベーシックコースでも痛みに触れましたがここではより臨床に使いやすい形でまとめます。

BPS model

痛み(慢性疼痛)のBPSmodel(生物社会心理モデル)をシンプルに解説します。従来、多くの慢性疼痛に携わる臨床家は生物医学モデル(biomedical model)と呼ばれる痛みの理解をしてきました。 痛みは神経...

BPS modelが必要な理由

BPSモデルが必要な理由現在痛みはBPS modelを主体に考えられることが増えてきました。 IASP(国際疼痛学会)もそれに合わせて痛みの定義を変えようとし...

脳は痛みにどう反応するのか?(TED)

脳は痛みに対してどの様に反応するのか?(TED)痛みの治療をするのであれば痛みを理解するのは前提になります。 そのための無料ツールとしてTEDがあります。 TEDは痛みについていく...

sticks & stones(私は言葉に怯まない)

言葉は患者を傷付け、患者を助けるwords matter(言葉は重要) easy to harm hard to heal(傷つけることは容易く、癒すことは難しい) ...

レスポンデント条件付け

痛み(慢性疼痛)におけるレスポンデント条件づけ(古典的条件づけ)疼痛に関する臨床でのレスポンデント条件づけの関与は昔から言われていましたが、実際臨床で多く考慮されているとは言えない現状があると思われま...

理論

バイオテンセグリティ

バイオテンセグリティ筋膜(fascia)は体を覆うボディスーツのような表現をされることがありますが、より適切に表現をするのであれば、体の縦糸と横糸のようなも...

ニューロタグ

痛みのニューロタグとは?(pain neurotag)TwitterやFacebookにもタグという言葉があるように、痛みにもニューロタグ理論があります。 例えば、昔の恋人の香水の匂いを感...

ROMは5種類ある

ROMは5種類ある【可動域】ledermanによればROM(range of motion/movement)、つまり可動域には5種類あります。 しばしばいくつか...

FMS

FMS(Functional movement screen)とは?【論文】Functional movement screen(FMS)はグレイクック達によってつくられたスクリーニングツールです。FMSがつくら...

検査

スペシャルテストの感度・特異度

スペシャルテストの感度・特異度まとめ感度・特異度という言葉自体医療従事者の中ではまだメジャーとなっていない可能性があります。 ここでは各スペシャルテストの感度...

おまけ

パンディキュレーション

パンディキュレーション私は未だにストレッチが人間に必要な動作かは分かりません。 同様にヨガやピラティスの必要性も分かりません。 ストレッチやヨガ、ピラティ...