未分類

骨盤矯正から目を覚ませ!を執筆した理由


2020/1/24(恐らく)日本初である骨盤矯正の是非を問う書籍を発刊しました。

タイトルは「骨盤矯正から目を覚ませ!」

価格は108(0.99)

またはkindle unlimitedなら無料で読むことができます。

利益目的ではなく、広まって欲しい目的で執筆したため本当は完全無料で公開したかったのですが、kindleの仕様上0.99㌦が最低価格なので、やむなく最低価格としました。

本書の主な内容はなぜ骨盤矯正に意味がないと言えるか説明するものです。

「骨盤矯正から目を覚ませ!」を書くに至った経緯

「骨盤矯正から目を覚ませ!」を書くに至った経緯は2つあります。

これは本書で少しだけ触れましたが、内容を広げ過ぎないようにするためあまり多くは書いていません。

それをここで紹介します。

1つ目の理由は「骨盤矯正のせいで優秀な医療従事者が辞める」からです。

現在多くの接骨院や整体、そしてフィットネスに関連する施設で骨盤矯正というものがやられています。しかし本書に書いてあるような理由などで彼らは骨盤矯正をしたくはありません。

ですが、会社員である以上会社の指示を無視することは難しく、例え上層部に訴えかけたところで多額の利益を生み出す骨盤矯正を辞めることはあり得ません。

売らなければ、「なぜ売らないのか」と責められます。では骨盤矯正に賛同できないから売らないと言ったらどうなるのか?

答えは単純で、売らなくても良いから売り上げは上げろと言われます。これは会社員なので仕方のないことかも知れません。

しかしメニューには骨盤矯正以外に売れるものがそもそも存在しなかったり、他の悪性の強いメニューが変わりにあるだけのケースが多いです。

例えばエビデンス(科学的根拠)に基づいたアプローチをしようとする選択など存在しません。

だからやむなく辞めるのです。

そんなのは悲し過ぎます。

その後の行き先は様々です。

エセ医療業界に嫌気がさして、職業自体を辞める人や、他のまともなアプローチをしているところを探す人、医療業界内には留まるものの異なるジャンルへ行く人がいます。

そうして残るのは勉強不足で骨盤矯正について深く考えない人、あるいは患者に嘘をつくことに抵抗がない人です。

ある骨盤矯正を主体とした接骨院ではこんなことが言われています。

「優秀な人ほどすぐ辞める」。

それにしても、骨盤矯正はあまりにも広く広まり過ぎました。私も接骨院で働いていた経験としてよくこんなことを言われます。

「骨盤の歪みを治して欲しいんですけど」

「腰痛めた原因は体の歪みだと思うんですよね」

「産後の骨盤矯正して下さい」

これらは骨盤矯正によって悪影響を受けてしまった患者がよく言ってしまうことです。

これらを正すのはかなり難しいです。

2つ目の理由は「患者が不利益を被る」からです。

骨盤矯正というエセ医学の影響で、適切な処置を受けられない人が大量に出てきます。

本来もっと早く痛みが治るはずだったものがより時間をかけ、本来もっと再発のリスクを抑えられたものが骨盤矯正のせいで再発のリスクが相対的に高まります。

つまり効果がない骨盤矯正のせいで相対的に悪化していると言えます。

さらに、骨盤矯正によって悪影響を受けた患者は、骨盤の歪み=悪いことのように認識し、意味のないことに多額のお金を払い続け、人によっては体が歪んでいるという錯覚を感じ続けます。

骨盤矯正は効果があるなし以前に、無害ではなく害なのです。

本書で少しでも騙される人が減ることを願います。

もし骨盤矯正を無くすことに賛同頂けるのであればレビューをよろしくお願いします。それで見てくれる人が増えます。