ブログ

パンディキュレーション


私は未だにストレッチが人間に必要な動作かは分かりません。

同様にヨガやピラティスの必要性も分かりません。

ストレッチやヨガ、ピラティスはとても人工的な動きで本能的ではなく、動物的でもありません。

それとは対照的にパンディキュレーションは本能的で動物的であり、そして多くの動物が行うことから必要性を追求すべきかと考えています。

パンディキュレーションとは?

パンディキュレーションはヒトの赤ちゃんや猫などの動物が朝や夕方に行う、伸び+あくび運動です。

成人のヒトであってもパンディキュレーションを行うことがありますが、習慣や理性によって抑制されます。

パンディキュレーションは誤ってストレッチの一種として認識されることがありますが、ストレッチにしては短すぎ、頻度が少なく、パターンも固定されすぎています。

パンディキュレーションは心理学的、生理学的な目的で行われると考えれています。

その中には筋膜のプレストレスの調整、筋膜の相互依存性の開発や維持も含まれています。

参考文献:Bertolucci LF. Pandiculation: nature’s way of maintaining the functional integrity of the myofascial system?. J Bodyw Mov Ther. 2011;15(3):268–280. doi:10.1016/j.jbmt.2010.12.006

それにしても私は思うのです。

パンディキュレーションはパターンが固定しすぎているのは何故かと。

昨日オリジナルストレングスさんが朝のエクササイズの案を提供しているのを見ながらパンディキュレーションが頭によぎりそんなことを考えていました。

もちろんこのエクササイズはパンディキュレーションではありません。

しかしこの様な多様性がパンディキュレーションとしてあっても良いのではないかと考えていました。

例えば先程の筋膜のプレストレスの調整というのであれば、固定されたパンディキュレーションパターンではなく、全身運動であっても良いはずです。

私がこのエクササイズをみてパンディキュレーションが頭をよぎったのはこの動作が一見パンディキュレーティブなものに見えたからです。

「多様なパンディキュレート」

コンセプトとしては中々面白味がありそうですが、今のところ要検討です。

編集後記

そういえば最近Amazonが本読み放題のサービスを始めたみたいですね( ゚Д゚)昔からオーディオブック聞いてた私としてはありがたい… オーディオブックって歩きながらでも勉強できるし、目が疲れないからつよいですよね。 1冊無料で聞けるので是非 ↓Amazon オーディブル

-最新note情報-

Pain magazineではここまで従来の治療をいくつか批判的に観てきました。 構造主義的な観点、触診・アナトミートレイン・トリガーポイント・サブラクセーション そして今回は「バイオメカニクス」です。 (一応joint by jointとか筋膜とか心因性とかその辺も書こうと思ってます) 私の勝手なイメージですけど、バイオメカニクスを深く勉強している人ってのは勉強熱心なイメージがあります。 また、ある会社で技術と知識レベルの高い先生に「(骨格筋痛に携わる)医療従事者がとりあえず勉強すべきことってなんだと思いますか?」って聞いた時には「バイオメカニクス」と答えていました。 当時は私も同じ考えでした。 バイオメカニクスの知識が高ければ、多くの臨床で高い効果を得られるんじゃないかって思っていたからです。 それは疼痛の知識がなかったからですけれど…つまり「疼痛リテラシー」が欠如していたわけです。 これは疼痛の観点から、バイオメカニクスでは足りないってことに気づいたわけですけれど、他にもバイオメカニクス視点からバイオメカニクスはどうか?って視点も必要になってきます。 ということで今回の主題はバイオメカニクス批判です。 バイオメカニクスってとりあえず勉強しとけば治療の役に立つって考えられていますよね? でもこれって事実か事実じゃないかに限らず思考停止的な考えだと思います。 明確な根拠があるわけじゃなくて「なんとなく正しいだろう」ですよね。 「なんとなく」正しい気がして 「なんとなく」勉強することで疼痛治療に詳しくなった気がして 「なんとなく」それが治療に影響する気がして 「なんとなく」意味があるように感じるんですよね。 なぜなら、バイオメカニクスの理屈って一見論理的だからです。 一見論理的だから正しく見えます。 私が普段よく言っているヴィトゲンシュタインの言葉を借りるのなら「検証されずに確信されていることが多くないか?」に当てはまります。 特にこのバイオメカニクスへの強いフォーカスを促しているのはその”難解さ”だと思います。 解剖学はどちらかというと考えるより覚えるようなものですが、バイオメカニクスは考えなければ理解できません。 人って難解なものを学ぶとそれが正しいと思いがちです。 しかしそれは難解さにゆえ、それの価値を正しく判断することがバイオメカニクスを学ぶ以上に難解になります。 ここでは「慢性腰痛とバイオメカニクス」という観点から批判していきます。 ここでの扱うテーマは慢性腰痛治療において ●バイオメカニクスを勉強することで治療成績は上がるか? ●バイオメカニクスを治療に取り入れる意味はあるのか? です。

-note記事まとめ-

当サイトでは疼痛治療をより良いものにアップデートするためのツールをいくつか提供しています。 疼痛治療では「痛みとは何か」を理解する必要があります。 その理由は単純で疼痛治療の目的に「疼痛」が含まれるからです。 何をするか、どのようにするかは常に目的ではありません。 目的である疼痛が何かを理解しなければ治療は目的に向かうことが難しくなります。 もしかしたら、治療がうまくいかない時は目的を見失っているのかも知れません。 疼痛リテラシーアップデートは現在の疼痛科学に基づいた疼痛を解説します。 疼痛科学に基づいた運動療法は、理論ではなく実技中心です。 従来の運動療法は機能やバイオメカニクスに基づいたものが多く、しかし統計的にみてそれらの運動療法は大きな成果を挙げられませんでした。 疼痛科学に基づいた運動療法は、科学に基づいた運動療法です。 機能やバイオメカニクスという狭い視点から脱却し、運動療法をより良いものに変えたい方にお勧めです。 痛み情報を発信するマガジンです。月額制ではありません。
RELATED POST