ブログ

よく使う痛みの英語表現89選


海外でいざという時、または英語しか喋れない患者さんが来た時、痛みの英語表現を覚えておくと便利です。

痛み表現は日本語でさえ難しいですが痛みの質(pain quality)は診断上重要な要素です。

例えば鋭い痛み(sharp pain)と鈍い痛み(dull pain)では全く違う感覚ですが、painしか知らないと同じように伝達されます。

円滑で正確な意思疎通のために英語表現は覚えておきたいです。

“What Does the Pain Feel Like?(どんな痛みですか?”

痛みの英語表現集

  • Frickering pain(frickeringは「チラつき」という意味があるため、ちくちくや点滅する様な痛み、ちらちらするような痛みに使われる。)
  • Quivering pain(Quiveringは「震える」という意味があるため、ビリビリや振動するような痛みに使われる。)
  • Pulsing pain(Pulsingは「脈拍」という意味があるため、ズキズキやビリビリのように脈打つような痛みに使われる。)
  • Throbbing pain(Throbbingは「鼓動」という意味があるため、ズキズキ、ズキンズキン、ドキドキする様な痛みに使われる。Pulsing painより強調した表現となる。)
  • Beating pain(Beatingは「鼓動」という意味があるため、ズキンズキンやどきんどきんの様な痛みに使われる。Throbbing painよりも11回のビートが強調される。)
  • Pounding pain(Poundingは「動悸」を意味するように、ガンガンする様な痛みに使われる。Beating painよりも強い。)
  • jumping pain(jumpingは「ジャンプ」を意味するように飛び上がるようなビクッとする痛みに使われる。)
  • flashing pain(flashingは「点滅」を意味するようにピリっとしたりピカっとしたり、時折ジーンとする時に使われる。歯が染みる時に使われやすい。)
  • shooting pain(shootingは「射撃」を意味するように、撃たれたような、ビーンとくる痛みに使われる。)
  • pricking pain(prickingは「刺す」を意味するように針でちくりと刺すような痛みに使われる。)
  • boring pain(削るような、刺すようなdrilling painよりも大きな穴のニュアンスで使われる。)
  • drilling pain(刺すような、キリでさしこむような痛みに使われる。)
  • stabbing pain(刃物で突き刺される痛み)
  • lancinating pain(槍で刺される様な痛み)
  • sharp pain(鋭い痛み)

※以下pain略

  • cutting(切るような、切り裂かれるような痛み)
  • lacerating(cutting painよりも強く切り裂かれるような痛み)
  • pinching(つねられるような痛み)
  • pressing(圧迫されるような痛み)
  • gnawing(かじり続けられるような痛み)
  • cramping(ひきつるような痛み)
  • crushing(押しつぶされるような痛み)
  • tugging(ぐいっと引っ張られるような痛み)
  • pulling(引っ張られるような痛み(tuggingより弱い))
  • wrenching(ねじ切られるような痛み)
  • hot (熱い痛み)
  • burning(灼けるような痛み)
  • scalding(やけどしたような痛み)
  • searing(焦げるような痛み)
  • tingling(ひりひりする痛み)
  • itchy(むず痒い痛み)
  • smarting(ズキっとする痛み)
  • stinging(蜂に刺されたような痛み)
  • dull(鈍い痛み)
  • sore(腫れたような痛み)
  • hurting(傷ついたような痛み)
  • aching(疼くような痛み)
  • heavy(重だるい痛み)
  • tender(触られると痛い)
  • taut(火照るような、つっぱった痛み)
  • rasping(いらいらする痛み)
  • splitting(割れるような痛み)
  • tiring(うんざりした痛み)
  • exhausting(げんなりした痛み)
  • sickening(吐き気のする痛み)
  • suffocating(息苦しい痛み)
  • fearful(怖いような痛みを)
  • frightful(凄まじい痛み)
  • terrifying(ゾッとするような痛み)
  • punishing(痛みつけられるような痛み)
  • grueling(過酷な痛み)
  • cruel(残酷な痛み)
  • vicious(残忍な痛み)
  • killing(死ぬほど痛い)
  • wretched(ひどく惨めな痛み)
  • blinding(訳の分からない痛み)
  • annoying(いらいらさせる痛み)
  • troublesome(やっかいな痛み)
  • miserable(情けない痛み)
  • intense(激しい痛みを)
  • unbearable(耐えられない痛み)
  • spreading(幅が広がっていくような痛み)
  • radiating(遠くに広がっていくような痛み)
  • penetrating(貫くような痛み)
  • piercing(突き刺すような痛み)
  • tight(窮屈な痛み)
  • numb(しびれたような痛み)
  • drawing(引き寄せられる痛み、引き締めれる痛み)
  • squeezing(絞られる痛み)
  • tearing(引きちぎられる痛み)
  • cool(ひんやりした痛み)
  • cold(冷たい痛み)
  • freezing(凍るような痛み)
  • nagging(しつこい痛み)
  • nauseating(ムカつくような痛み)
  • agonizing(苦しみ悶えるような痛み)
  • dreadful(ひどく恐ろしい痛み)
  • torturing(拷問されているような痛み)
  • dragging(引きずられるような痛み)
  • fulgurant(電光のような痛み)
  • gripping(しくしくする痛み)
  • intractable(難治性の痛み)
  • irritated(ヒリヒリする痛み)
  • lightning(稲妻のような痛み)
  • pang(さしこむ痛み)
  • pins and needles(ピリピリする痛み)
  • terebrant(ほり抜くような痛み)
  • tickling(むずむずする痛み)
  • tingle(ヒリヒリする痛み)
  • twinge(急激に刺すような痛み)

-お知らせ-

当サイトでは疼痛治療をより良いものにアップデートするためのツールをいくつか提供しています。
  • 疼痛リテラシーアップデート
疼痛治療では「痛みとは何か」を理解する必要があります。 その理由は単純で疼痛治療の目的に「疼痛」が含まれるからです。 何をするか、どのようにするかは常に目的ではありません。 目的である疼痛が何かを理解しなければ治療は目的に向かうことが難しくなります。 もしかしたら、治療がうまくいかない時は目的を見失っているのかも知れません。 疼痛リテラシーアップデートは現在の疼痛科学に基づいた疼痛を解説します。
  • 疼痛科学に基づいた運動療法
疼痛科学に基づいた運動療法は、理論ではなく実技中心です。 従来の運動療法は機能やバイオメカニクスに基づいたものが多く、しかし統計的にみてそれらの運動療法は大きな成果を挙げられませんでした。 疼痛科学に基づいた運動療法は、科学に基づいた運動療法です。 機能やバイオメカニクスという狭い視点から脱却し、運動療法をより良いものに変えたい方にお勧めです。  
1980円 疼痛リテラシーアップデート
2980円 疼痛科学に基づいた運動療法
500円 科学的にみた姿勢と腰痛【2020】
RELATED POST