Blog

腰痛の英語表記を解説していきます。

腰の英語

ここでは英語表記と同時にスペルと発音もまとめていきます。

腰痛の英語表記①

腰の英語

Low back pain/Lower back pain

このlow back painという表記はよく目にします。

腰を意味する英単語がないので背部を意味するbackに、下を意味するlowをつけて腰を表現しています。

back自体もよく使われる表記です。

仰向けを表現する時にplease lie on your backと言ったり、スポーツではバスケやラクロスでビハインドザバックと使います

発音記号

lóu bǽk péin

lóuər bǽk péin

カタカナ発音

ローバックペイン

ローワーバックペイン

略称

LBP

LBPと略して使われることが多いです。

腰痛の英語表記②

腰英語

Lumbago

LBPほど使用頻度はたかくないですがこれも使われることがあります。

発音記号

lʌmbéigou

カタカナ発音

ランベェイゴォ

急性腰痛の英語表記

Acute low back pain

acuteが急性なのでそのままですね。

発音記号

əkjúːt lóu bǽk péin

カタカナ発音

アキュートローバックペイン

略称

ALBP

慢性腰痛の英語表記

Chronic low back pain

発音記号

krɑ’nik lóu bǽk péin

カタカナ発音

クラァニィクローバックペイン

略称

CLBP

亜急性腰痛/亜慢性腰痛の英語表記

Sub-acute low back pain

Sub-chronic  low back pain

略称

saLBP

非特異性腰痛の英語表記

Non-specific low back pain

略称

NSLBP

backは背部の事を指すため、low backで腰を指す用語になります。

余談ですが

背中の事をupper backと言い、その間をmiddle backと言う事があります。

RELATED POST