治療法

頸部への徒手療法【側頸部のスーパーフィシャルティシューマニュピレーション】


側頸部へのsuperficial tissue manipulationの適応

この手技は側頸部の表層組織の過敏性に対して有効です。

事前検査としては、側頸部を皮下脂肪ごとピンチング(つまみ)し、痛みを感じれば適応となります。

この手技は表層組織の感覚器にアプローチします。

目的は表層の軟部組織の過敏さの除去です。

また副次的効果として手技の後は短期的に可動域が向上します。

側頸部へのsuperficial tissue manipulationのやり方

患者は仰臥位になり、患側が出るように軽度頚椎対側回旋します。

術者は患者頭部の側方に立ち、体は患者頭方に向きます。(つまり術者の体側面が患者方向を向きます。

術者は中手骨の遠位端を患者の胸鎖乳突筋の前縁にコンタクトします。

この時、より内方にコンタクトすると患者は不快さを感じるので注意が必要です。

このポジションから術者は体重をかけ、胸鎖乳突筋前縁を床方向に牽引します。

これにより表層の軟部組織は痛みや不快感なく、刺激されます。

胸鎖乳突筋の可動性検査

このマニュピレーションを行う前に検査として、ピンチングを行うと記載しましたが、痛みではなく、可動域にフォーカスした場合は違う検査を使用できます。

胸鎖乳突筋の乳様突起のすぐしたを母指と示指末節骨橈側で前後からピンチングして、前後方向への胸鎖乳突筋の可動性を検査します。

もしこの検査で胸鎖乳突筋の可動性が対側よりも少なければマニュピレーションを適用します。

RELATED POST