治療法

肩甲上腕関節I→Sテクニック【関節モビライゼーション】


このテクニックでは肩甲上腕関節に対し、下方から上方運動を用います。

肩甲上腕関節I→S検査

患者は仰臥位になります。
術者は患者の側方に立ちます。

片方の手で患者の肩関節の上部にコンタクトし、もう片方の手で患者の肘頭にコンタクトします。
この時患者の肘関節は90度ほど屈曲します。

肩関節にコンタクトした手で患者の肩甲帯を安定させ、肘頭にコンタクトした手で患者の上腕骨を下方から上方に押し上げます。


このときの可動域を評価します。

可動性が低い場合は手技に移ります。

この検査では上腕骨は肩峰に接触するため過剰可動性を評価できません。

痛みが生じる場合は手技に移行せず、肩関節の整形外科学的検査を行います。

肩甲上腕関節I→Sテクニック

検査と手技は〃ように行います。

上腕骨を下方から上方に押し、制限部位に至ったら少しだけ上方への圧を強くし、そのままキープします。

効果性

このテクニックでは短期的な可動域の上昇と鎮痛効果が考えられます。

RELATED POST