治療法

肩甲上腕関節M→Lテクニック【関節モビライゼーション】


肩甲上腕関節の内方から外方運動の関節テクニックです。

肩甲上腕関節M→L検査

患者は仰臥位になります。

術者は患者の側方に立ちます。

術者は片方の手を患者の脇の下に置き、もう片方の手を上腕骨下部外面に置きます。

この時患者の脇の下に置いた手がてこの原理の支点となります。

術者は脇の下の手を外方に押しながら、上腕骨下部に置いた手で患者の肩関節内転方向の圧を加えます。

これにより患者の肩甲上腕関節の上腕骨頭は外方移動します。

この時制限があれば、手技に移ります。

肩甲上腕関節M→Lテクニック

検査と手技は同じ動作です。

検査と同様に上腕骨頭に外方圧を加え、制限を感じたら、そのまま圧を高め維持します。

効果性

短期的な可動域の向上と鎮痛が考えられます。

RELATED POST