治療法

肩甲上腕関節A→Pテクニック【関節モビライゼーション】


肩甲上腕関節に対する前方後方可動性テクニックです。

肩甲上腕関節A→P可動性検査

手技を行う前に検査をします。

患者は仰臥位(supine)になります。

術者は患者の側方に立ちます。

片方の手で患者の上腕骨上部前面にコンタクトし、もう片方の手で肘関節を持ちます。

肘関節を持っている方の手で、患者の肩関節を軽度屈曲しながら、上腕骨を患者の後方に押し込みます。

この時制限が感じられれば手技に以降します。

過剰な可動性の場合は行うことはできません。

肩甲上腕関節A→Pテクニック

手技と検査の手順は同じです。

制限の所まで上腕骨を後方すべりさせたら、そこからさらに少し力を加えます。

そのまま後方すべりを維持します。

手技が終わったら再度可動性を検査します。

肩関節は不安定な関節であるため強さには注意します。

効果性

短期的な可動域の向上と鎮痛が考えられます。

RELATED POST