治療法

伏在神経テクニック【徒手療法】


大腿内側部の伏在神経にコンタクトし、アプローチする方法です。

膝の痛みに対して使われます。

伏在神経テクニック

患者は仰臥位になります。

患者は股関節膝関節を軽度屈曲し、股関節を少し外旋します。

この時膝関節屈曲によって生じる膝関節線内側端に過敏な点または線をみつけることができます。

過敏点を圧迫することで膝に放散痛が起こることもあります。

伏在神経に対する基本的なアプローチは2つあります。

神経線維に対する垂直の刺激と平行な刺激です。

どちらの刺激でも神経に強い圧がかからないように注意します。

伏在神経は縫工筋よりも深層にあることを意識します。

RELATED POST