ブログ

みらい翻訳の精度を検証します【vs.Google翻訳】無料お試し版口コミ


今話題のみらい翻訳の精度をGoogleと比較してみました。

みらい翻訳 vs. Google翻訳

最初にサンプルとして使う文章はthe hungry brainから引用します。

ダイエットに関する書籍です。

サンプルはこちらになります。

Clothing is now available in staggering sizes such as XXXXXXXL.

では、まずGoogle翻訳で訳してみます。

なお、Google翻訳は20198月のものです。

結果はこうなりました。

XXXXXXXLなどの驚異的なサイズの衣類が利用可能になりました。

つぎに、みらい翻訳で訳します。

XXXXXXXLなどサイズ展開も豊富です。

みらい翻訳の方が訳はシンプルです。Google翻訳のほうが直訳にちかいですね。

ほかの文章も訳していきます。

つぎはexplain painから引用します。

痛みに関する専門書籍です。

今回は少し文章量を増やします。

In low back pain,research has shown that the amount of disc and nerve damage rarely relates to the amount of pain experienced.

Google翻訳ではこうなります。

腰痛では、椎間板と神経の損傷の量が経験する痛みの量とはほとんど関係がないことが研究により示されています。

つぎにみらい翻訳で訳します。

腰痛において、椎間板および神経損傷の量は、経験される痛みの量にほとんど関係しないことが研究により示されている。

ほぼ同じ訳になりました。

この訳には優劣は全くありません。

つぎのサンプルは、starting strengthから引用します。

トレーニングの専門書籍です。

サンプルの文章はこちらです。

The squat has been the most important,yet most poorly understood,exercise in the training arsenal for a very long time.

ではGoogle翻訳からみていきます。

スクワットは、非常に長い間、最も重要であるが、最もよく理解されていない訓練兵器こでの運動でした。

今回はあきらかな誤訳がでました。

the training arsenalを訓練兵器庫と訳しました。

arsenalは兵器庫という意味を持つので直訳ですね。

このままではスクワットイコール兵器庫になってしまいます。

つぎに、みらい翻訳で訳します。

スクワットは非常に長い間、訓練手段の中で最も重要であるが、最もよく理解されていない運動であった。

みらい翻訳のほうは兵器庫と訳さず、手段と訳しています。

今回はみらい翻訳のほうがわかりやすいです。

人の名前もうまく翻訳できるかみてみます。

ここでは、画家であるサルバドールダリを訳せるかみます。

サンプルはこちらです。

Each morning when I awake, I experience again a supreme pleasure – that of being Salvador Dali.

Google翻訳からみてみます。

毎朝目覚めると、再び最高の喜びを経験します。それは、サルバドール・ダリであることです。

きれいに訳せました。

つぎにみらい翻訳をつかいます。

毎朝起きるたびに、私は最高の喜び、サルバドール・ダリであることを再び経験する。

こちらも綺麗に訳せました。

ここで紹介したサンプル数はまだまだ少ないですが、なんども使った感想としては、

Googleのほうが直訳にちかく、みらい翻訳はある程度専門用語にも対応していました。

現時点ではみらい翻訳のほうが翻訳精度は高いです。