Blog

ジェンダーバイアスの論文や事例から意味を解説します


ジェンダーバイアスは日本においてもよく見られるにも関わらず、ジェンダーバイアスという言葉の知名度は高くありません。

知名度が高くないということは、多くの人々の興味や認知の範囲外にある可能性があります。

ここでは、論文の紹介やジェンダーバイアスの事例を紹介します。

 

ジェンダーバイアスの意味

ジェンダーバイアスのジェンダーは性、バイアスな思考や認知の偏見を意味します。

これらを組み合わせてジェンダーバイアスといいます。

バイアスは様々あって、メジャーどころでは確証バイアスや認知バイアスがあります。

 

ジェンダーバイアスは性別に関わる偏見なので性的偏見と呼ばれます。

社会や文化における性的な偏見のことをジェンダーバイアスと呼んでいるのです。

 

社会におけるジェンダーバイアスの事例

社会はある人が所属するコミュニティのことをいいます。

学校や職場、家族が典型例ですね。

例えば職場では、女性がお茶を入れるべきというジェンダーバイアスがあります。

家族では女性が家事すべき、男が稼ぐべきというジェンダーバイアスがあります。

男は男らしく、女性は女性らしくあるべきというのもジェンダーバイアスですね。

 

文化におけるジェンダーバイアス

男性は幼稚だとか女性は感情的であると根拠のない先入観を持つのもジェンダーバイアスです。

先程の家事の例のように、

女性は家事、男性は力仕事というのもジェンダーバイアスです。

確かに男性の方が力があることが多いですが、それは個人に適応される話ではありません。

女は仕事ができないも根拠のないジェンダーバイアスですね。

 

ジェンダーバイアスは人の人生に強く影響する

ジェンダーバイアスは受けた人の人生を大きく変えてしまう可能性があります。

その典型例が人の評価です。

就活生が女性である、仕事ができない可能性がある、採用するのを見送ろう

このようなことが現実的にありえるのでしょうか?

論文を参照してみようと思います。

 

ジェンダーバイアスの論文

これまでにジェンダーバイアスに関する論文は2本紹介しました。

 

その中に女性の評価に関する論文があったのでここでも紹介します。

詳細はこちらのブログを参照ください。

この論文によれば、

生徒が先生の授業を評価する際に先生が女性であると、授業が同じ内容でも低い評価をするとされています。

 

この様にジェンダーバイアスによって人の評価は変動していくのです。

RELATED POST