3ステップスタディ

Basic


ここでは骨格筋痛の治療を学ぶ上でファンデーション(基礎)となる知識をまとめています。

当ウェブサイトではコンテンツを「Basic」「Standard」「Advance」と3段階のレベルに分けています。

その中でBasicは最も基礎であり、欠かせない普遍的なモノです。

まずはBasicから学ぶことを強くお勧めします。

ヘルスリテラシー

医学を学ぶ上で何が正しい情報かを適切かつ効率的に学ぶ能力をヘルスリテラシー(Health literacy)と呼びます。

ヘルスリテラシーは医療系の学校で習うことのない知識/スキルであるにも関わらず、最も重要な知識の一つです。

当サイトでは解剖学や生理学の様な基礎知識よりも重要かつ、より基礎であると位置づけています。

論文の検索方法

医学情報をより適切に集める方法として論文を読むことが挙げられます。しかしながら医療系の学校で論文の検索方法を習わないところは往々にしてあります。

これは医療業界で誤った知識を展開する人が量産されるイチ要因になっていると思います。まず基礎スキルを身につけるために論文を検索してみましょう!

医学論文の読み方と検索方法、pubmedとGoogleスカラー柔道整復師・理学療法士・鍼灸師・カイロプラクター・オステオパス・整体師・スポーツトレーナーは学生時代論文の読み方を習いません(少し習う学...

統計学基礎

論文を読むためには統計学が必須です。論文を検索しても、論文に出てくる数値の意味が分からなければ誤った判断をしてしまいます。ここで紹介するのは基礎中の基礎、まずは平均から解説します。数字に慣れる練習としてもご活用下さい。

医療統計学基礎当ブログは骨格筋痛に対するアプローチに関する情報をまとめています。 施術者はそのための情報を集めるわけですが、経験論だけではトンデモ医...

バイアス

バイアス---日本語では偏りという意味があります。ある情報を扱う時にヒトは色眼鏡(バイアス)を用いて見てしまいます。しかしバイアスにかかっている本人はバイアスにかかっていることに気付きません。

自身にかかったバイアスに気づくにはバイアスを知る必要があります。

セラピストのかかりやすいバイアスバイアスは直訳で「かたより」を意味します。 心理学用語としてのバイアスは、意思決定や認知の際に紛れ込む恣意的な傾向です。 つまりバイ...

論文はタイトルや結論だけ読んでもダメな理由(事例)

論文の読み方【タイトルや結論に惑わされないように】習慣的に良い論文というのはタイトルをみて内容が分かったり、アブストラクト(要旨)をみて内容が十分把握できるものが多いとされます。 さら...

ヒッチェンスの剃刀

ヒッチェンスの剃刀(Hitchen’s razor)で臨床を考え直す必要がある【臨床思考】オッカムの剃刀(Occam's razor)は有名かもしれませんが、似たものにヒッチェンスの剃刀があり、臨床を考える上で重要なことのひと...

痛み

骨格筋痛に対する治療をするのに目的である痛みを知らなければ目的を知らないことになってしまいます。しかしながら疼痛治療の書籍で痛みについて触れられることはあまり多くはありません。

痛みとは?

2019年痛みの定義が変わります。新しい痛みの定義の案が発表されました(IASP:国際疼痛学会)【和訳・解説】痛みの定義が変わろうとしています。 国際疼痛学会(IASP:International Associateion for the St...

腰痛の3分類

腰痛の分類【徒手療法や運動療法の臨床分類】臨床においてまず腰痛は3つに分類されるべきです。 腰痛の分類 それは侵害受容性腰痛、神経因性腰痛、中枢感作性腰痛です。 この分...

痛み強度の評価法

痛みの強度の評価法毎の違い【NRS・VRS・VAS】痛みの強度(pain intensity)の評価方法はいくつかあります。 その中で良く使う3つの評価方法(スケール)をここでは紹介し、...

痛み治療の目標は「痛みを取ること」にすべきではないかもしれない

痛みのその先にある目標私は日頃、疼痛についての情報発信をしています。 そこで「疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼痛疼...

解剖学

骨格筋痛を扱うため構造の要素である解剖学は基礎知識です。

椎間板

椎間板
椎間板の機能解剖学【髄核・繊維輪・軟骨終板】 椎間板(Intervertebral discs:IVDs)は脊柱の脊椎と脊椎の間にある線維軟骨のパッドである。 IVDsは脊柱を...

筋膜(fascia)

液体も筋膜に分類される【液体筋膜(Liquid fascia)と固体筋膜(Solid fascia)】筋膜(fascia)が良い意味でも悪い意味でも広まってから結構な歳月が経った。 これだけ広まると筋膜は悪用されるし、勿論誤って認識され...
バイオテンセグリティ(biotesegrity)を一度見直す【液体筋膜と固体筋膜】完全性を維持する張力をTensegrityと呼ぶ。 建築の原理に由来し、1961年にFullerによって提案された。 構造は一定の張...

足部の三角靭帯

足の三角靭帯(内側靱帯)の構成と触診と解剖学【画像】足の三角靭帯の構成ってそこそこマイナーですよね。 足の外側靭帯の構成は?って聞かれたらちゃんと答えられる人は多いと思いますけど、内側靭...

リスクマネジメント

疼痛に接する上で最初に行うことがリスクマネジメントです。

高齢者の腰痛のリスクマネジメント

高齢者の腰痛のリスクマネジメント高齢者の腰痛を見る時は、高齢でない成人をみるときとはまた異なったリスクファクターを持つため、高齢者に特化したリスクマネジメントが必要にな...

ガイドラインの重要性(比喩)

ガイドラインと自動車教本の共通点から学ぶ医療系ガイドラインの重要性医療従事者が臨床においてガイドラインを参考にしないどころか、ガイドライン自体読んでいない様子はよくみかけます。 ガイドライン通りに施術...

理論

プログレッションとリグレッション

プログレッションとリグレッション【トレーニング】筋トレや運動療法を行う上で重要なことがプログレッションとリグレッションです。 しかしプログレッションとリグレッションを誤って捉えてしま...

心理学

心理学的枠組み

心理学の枠組み: psychological perspective疼痛治療をする上で心理学は欠かせない知識ではありますが、いかんせん学校で習わないため独学すると知識に偏りが出やすくなります。 ひとえに...

ストレッチ

ストレッチ2019年まとめ

ストレッチの論文まとめ【保存版】kindleで「ストレッチ神話から脱却せよ!」販売開始! https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B0843...

問診

しびれ

しびれを聴く臨床でしびれ(numbness)をみる際、大きな問題となるのは「患者の表現するしびれと医療従事者の認識するしびれの相違」です。 これは...

検査

感度・特異度

検査における感度・特異度とは?先日ツイッターで感度・特異度がどれだけ理解されているか聞いたところ https://twitter.com/tam_lbp/sta...