ブログ

解剖学用語の略称まとめ


ここでは解剖学用語の略称をまとめていきます。

略称は筆者によって異なります。

例えば僧帽筋(trapezius)は「TR」「TRAP」「TRA」「TZ」「TRP」「TP」「TRAPEZ」「TRAPS」「TRAPZ」「TU」と略されることがあります。

ここでは比較的多く用いられている略称をまとめていきます。

筋の略称

上肢の筋

僧帽筋 TR:trapezius

肩甲挙筋 LS: levator scapulae

大菱形筋 RM: rhomboid major

小菱形筋 Rm: rhomboid minor

前鋸筋 SA:Serratus Anterior

大胸筋 PM: pectoralis major

小胸筋 Pm: pectoralis minor

鎖骨下筋 SC: subclavius

三角筋 Del: Deltoid

烏口腕筋 Cb: coracobrachialis

広背筋 LD: Latissimus dorsi

棘上筋 SSP:Supraspinatus

棘下筋 ISP:Infraspinatus

大円筋 TM:Teres major

小円筋 Tm: teres minor

肩甲下筋 SubSc:subscapularis

ローテーターカフ RC: rotator cuff

上腕二頭筋 BB:Biceps Brachii

上腕三頭筋 TB:Triceps Brachii

上腕筋 BR: brachialis

腕橈骨筋 BR: brachioradialis

肘筋 不明: Anconeus

円回内筋 PT: Pronator teres

方形回内筋 PQ: Pronator quadratus

回外筋 SUP: supinator

橈側手根屈筋 FCR: flexor carpi radialis

長掌筋 PL: palmaris longus

尺側手根屈筋 FCU: flexor carpi ulnaris

長橈側手根伸筋 ECRL: extensor carpi radialis longus

短橈側手根伸筋 ECRD: Extensor carpi radialis brevis

尺側手根伸筋 ECU: extensor carpi ulnaris

浅指屈筋 FDS: flexor digitorum superficialis

深指屈筋 FDP: flexor digitorum profundus

総指伸筋 EDC: extensor digitorum communis

示指伸筋 EI: Extensor indicis

小指伸筋 EDM: Extensor digiti minimi

虫様筋 不明: Lumbricales

掌側骨間筋 PI: Palmar Interossei

背側骨間筋 DI: Dorsal Interossei

長母指屈筋 FPL: flexor pollicis longus

長母指伸筋 EPL: extensor pollicis longus

短母指伸筋 EPB: Extensor Pollicis Brevis

長母指外転筋 APL: abductor pollicis longus

短母指外転筋 APB: abductor pollicis brevis

短母指屈筋 FPB: flexor pollicis brevis

母指内転筋 AP: Adductor Pollicis

母指対立筋 OP: Opponens Pollicis

小指外転筋 ADM: Abductor Digiti Minimi

短小指屈筋 FDMB: flexor digiti minimi brevis

小指対立筋 ODM: Opponens digiti minimi

下肢の筋

大腰筋 PM: psoas major

小腰筋 Pm: psoas minor

腸骨筋 不明: iliac

腸腰筋 IP: iliopsoas

大殿筋 Gmax:Gluteus Maximus

中殿筋 Gmed:Gluteus Medius

小殿筋 Gmin: Gluteus minimus

大腿筋膜張筋 TFL:Tensor Fascia Latae

梨状筋 PF: piriformis

内閉鎖筋 OI: obturator internus

外閉鎖筋 OE: obturator exterus

上双子筋 SG: Superior gemellus

下双子筋 IG: Inferior gemellus

大腿方形筋 QF: quadratus femoris

長内転筋 AL:Adductor Longus

大内転筋 AM:Adductor Magnus

短内転筋 AB: adductor brevis

縫工筋 SA:Sartorius

大腿四頭筋 QF:Quadriceps Femoris

大腿直筋 RF:Rectus Femoris

内側広筋 VM:Vastus Medialis

外側広筋 VL:Vastus Lateralis

半腱様筋 ST:Semietendinosus

大腿二頭筋長頭 BFLH:Biceps Femoris Long Head

大腿二頭筋短頭 BFSH:Biceps Femoris Short Head

恥骨筋 不明: pectineal

薄筋 GR:Gracilis

前脛骨筋 TA:Tibialis Anterior

長趾伸筋 EDL:Extensor Digitorum Longus

第三腓骨筋 PT: Peroneus tertius

 

作成中…

-お知らせ-

当サイトでは疼痛治療をより良いものにアップデートするためのツールをいくつか提供しています。
  • 疼痛リテラシーアップデート
疼痛治療では「痛みとは何か」を理解する必要があります。 その理由は単純で疼痛治療の目的に「疼痛」が含まれるからです。 何をするか、どのようにするかは常に目的ではありません。 目的である疼痛が何かを理解しなければ治療は目的に向かうことが難しくなります。 もしかしたら、治療がうまくいかない時は目的を見失っているのかも知れません。 疼痛リテラシーアップデートは現在の疼痛科学に基づいた疼痛を解説します。
  • 疼痛科学に基づいた運動療法
疼痛科学に基づいた運動療法は、理論ではなく実技中心です。 従来の運動療法は機能やバイオメカニクスに基づいたものが多く、しかし統計的にみてそれらの運動療法は大きな成果を挙げられませんでした。 疼痛科学に基づいた運動療法は、科学に基づいた運動療法です。 機能やバイオメカニクスという狭い視点から脱却し、運動療法をより良いものに変えたい方にお勧めです。  
1980円 疼痛リテラシーアップデート
2980円 疼痛科学に基づいた運動療法
RELATED POST