治療法

腰痛の運動療法【シングルレッグデッドリフト(1leg dead lift)】


腰痛の運動療法としてデッドリフト(dead lift)が使われることがありますが、シングルレッグデッドリフト(1leg dead lift)も活用できます。

というのもデッドリフトは左右対象の運動ですが、シングルレッグデッドリフトは左右非対称運動です。

ヒトの日常生活動作において左右対象の動きはあまりありません。

重量物を持ち上げる動作の練習や両側の股関節の伸展機能の習得にはデッドリフトは優れていますが、より日常的な運動(下の物を拾うなど)という意味ではシングルレッグデッドリフトの方が近い動きをしています。

腰痛へのシングルレッグデッドリフトの活用

運動療法でのシングルレッグデッドリフトは筋トレで用いられるような遊脚側の股関節を伸展位で行う必要はありません。

より日常生活動作に合わせるのであれば、遊脚側は自然に非荷重で構いません。むしろ地面と接触していても問題ありません。

シングルレッグデッドリフトなので片脚荷重にします。

腰痛は中間位で膝は軽度屈曲しながら主に股関節の運動で体を前に倒します。左脚の場合は右手を左のつま先につくように動かします。

丁度下の物を拾うような動作です。

ハムの突っ張りが強く感じたのであれば無理をせず腰椎中間位を保持出来るように膝を屈曲します。

つま先にタッチしたら、股関節の運動で主に大臀筋を使うような感覚で上体を起こします。

シングルレッグデッドリフトの目的

運動療法として用いるシングルレッグデッドリフトの目的は片脚荷重でも安定したバランスと腰部ドミナントではなく、ヒップドミナント動作の習得のために使われます。

急性腰痛であっても軽度であれば活用でき、慢性腰痛にも使えます。

シングルレッグデッドリフトの適応

この運動療法が適応となるのは屈曲性腰痛(屈曲で痛みのでるケース)です。

特に片脚立体幹屈曲動作で疼痛誘発される場合は適応となります。

この運動療法を行う前には股関節の能動的伸展能力や腰椎と股関節の分離運動を予め検査しておくと適応かの判断がより的確になります。

シングルレッグデッドリフトの注意点

シングルレッグデッドリフトでは代償動作に注意して下さい。

典型的な代償動作は遊脚側の骨盤が開くことです。

その場合は支持側の下肢を内旋位で行うと感覚が掴めます。

またバランスが崩れた場合はバランスを保つように維持するのではなく、すぐに手や遊脚で体を安定化させます。

RELATED POST