Exercise

訳が分からないほど伸びるストレッチ【プレッツェル】


まるで知恵の輪になったかのように体をストレッチする方法にプレッツェル(Pretzel)というのがあります。

主に背中を伸ばすものですが、背中だけではなくありとあらゆるところが伸ばされます。

プレッツェルのやり方と注意点

プレッツェルは一見複雑なストレッチに見えますが、案外やってみると簡単にやり方を覚えることができます。

1、横向きになりましょう

ここでは動画と同じように左側を向いた場合のやり方を書いていきます。

2、左脚を右手で持ちます。

右脚の方が持ちやすいですが、左脚を持ちましょう。このプレッツェルはやる順序を間違えると難儀します。

この時太ももが体幹と一直線上に来るようにします。でないとうまく効きません。

3、右脚の膝を左手で持ちます。

膝というよりは膝の外側を持ちます。

4、上半身だけ天井を向く

これで背中の柔軟性を向上させます。

どうでしょうか?知恵の輪のような気分になりましたか?(笑)

▶ポイントと注意点

上になる脚は股関節が90度まで上げるのが、ひとつポイントとなります。こうすることで腰を痛めるリスクが少なくなります。

下になる脚は地面から離れないようにしましょう!地面から離れると効果が薄れてしまいます。

RELATED POST